暮らしのなかのうれしいこと、たのしいこと いっぱいあります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四つ葉のクローバー
ハルが生まれたときに「四つ葉のクローバー」をくれた
友達がいました。

ハルに“とてもいいことがある”ような気がして、そして“祝福”してくれて
いる気がして、とてもうれしく思いました。

その彼女が偶然にも同じ8月出産予定なので、
ハルと四つ葉のクローバーを探しに出かけました。

近くの神社でしゃがんで探していると・・・
ものの数分で3本もみつかりました!ビックリです。


クローバー


彼女はとても安産なのかも・・・と思いつつ、大事に持って帰りました。

産前休暇までもう少し。
今度会うときにこの話をしてリラックスしてくれたらな・・・と思います。

押し花


四つ葉のクローバーは、水辺日陰でみつかりやすいそうです。
そして、ひとつ見つけたときはその周辺を重点的に探します。
同じ茎にあることが多いので、みつかりやすいようですよ。


スポンサーサイト
じゃがいも掘り

6月初旬、父母姪っ子たちと新じゃがの収穫をしました。

じゃがいもは、さつまいもに比べると、簡単に掘れて楽チンです。

大きいの採れた~」と姪っ子たちも大喜びです。
が、途中からは隣の田んぼ“タニシ”拾いに夢中・・・。

じゃがいも堀り1


すいかもまだまだ小さいですが、実ってきました。

すいか
  

さあ!たくさん収穫できました!

新じゃがを使ってたくさんの“じゃがいも料理”を作りましたよ。

とれたてじゃがいも


やっぱり、シンプル「じゃがいもの煮っころがし」
今回は黒糖を加えたので、深みが出てとても美味しくできました。
味見「おいし~!!」と感動してしまいました。

煮っころがし


「ポテトコロッケ」を受け継いで、“俵型”。
たくさん作って、冷凍しておきます。

コロッケ


旦那が「まるごとじゃがいもカレー」を作ってくれました。
漬けておいた“黒糖らっきょう”も初お目みえ。

カレー


この日のおかずはポテトポテト
「じゃがいもとチキンのトマト煮込み」「ポテトサラダ」です。

私なりの新発見がありました。
ポテトサラダレタスで包んで食べると美味しい!!
ひとくちごとにレタスに包んで、すごい勢いで食べてしまいました。
レタスに感謝です。

トマト煮込み

ポテトサラダ


アツアツ「ポテトグラタン」
チーズとの相性はいいですね~。

ポテトグラタン


ある日の休日のお昼は「ライ麦パンのハンバーガーとフライドポテト」
無農薬なので、安心して皮付きで揚げられます。
ソースには、赤たまねぎをどっさり入れて・・・。


フライドポテト


採れた野菜を使って、「何を作ろうか」と考えるのはとても楽しいです。

その季節のものは、栄養価高いし一番美味しいときなので
お店で野菜を買うときもなるべく季節のものを買いたいですね。


赤いたまねぎ じゃがいもほり-2




今年初めてのきゅうり、いんげん、チンゲンサイ
では夏野菜の収穫が始まりました。

きゅうり、しそ、いんげん、ラディッシュ、かわいいミニチンゲンサイです。

初きゅうりいんげん


チンゲンサイ



せっかくもらった採れたて野菜。早速夜ごはんに

ごはん以外はすべてで採れたものです。

コロッケ

ポテトコロッケ、いんげんソテー、レタス、ラディッシュ
真竹の味噌煮(←真竹は知り合いの山で採れたもの)
玉ねぎとじゃがいもと青ねぎの味噌汁



ポテトコロッケはうちでは俵型です。
無意識に俵型にしていましたが、旦那の実家では小判型だそうで
こうやって母の料理を受け継いでいくんだな~としみじみ思いました。

たくさん作ったので、両親にもおすそ分けをしましたよ。

初きゅうりいんげん
高槻市富田町 天然酵母パンもある「花パン」
安心食品手作り雑貨と書かれたパン屋さん
「花パン」
へ行ってきました。

花パンお店


小麦は国産小麦を使用しているそうで、
天然酵母パンもたくさんあります。


花パン4


花パン2

花パン3

安心食品と掲げているように、大豆黒豆など安心して
食べられる食品も置いてありました。

花パン大豆


購入したものは
天然酵母の小さな食パンあんぱん甘夏ジャムと玄米ごぱん

花パンあんぱん

ナッツドライフルーツが入ったパンはいつも買ってしまいます。

花パンくるみ

甘夏ジャムと玄米ごぱんは、ジャムやさしい味です。

花パン甘夏



かわいいお店らしく若い女性店主でした。
天然酵母を使ったパン屋さんができてうれしいです。


花パン1 花パンゴマパン
花パン看板 花パン食パン


「花パン」
高槻市富田町2-13-8(富田ふれあい文化センター向い)
072-693-7828
らっきょう漬け
らっきょうの季節になりました。

土付きらっきょうを買って、いつでも手軽に食べられるように
漬けてみることにしました。

白いのは普通の「甘酢らっきょう漬け
黒いのは黒糖を使った「黒糖らっきょう漬け


らっきょう漬け


のらっきょうは今しか食べる機会がないので、
(塩漬けにして保存するといいそうですが)
焼きらっきょうにしたり、千切りにして薬味として使ったりしました。

焼くと甘みがでて食べやすく、初めてのらっきょうの味との出会いでした。
今回は田楽みそでしたが、酢味噌の方が合うと思います・・・。

焼きらっきょう


「らっきょう漬け」はにちゃんと漬かっていないとダメになったり、
が残っていると酢が濁ったりするらしく、ちゃんとできるかしら・・・・と
思いながら、時々びん観察しています。

うまくできるといいな~。


ちなみにらっきょうは玉ねぎよりもサラサラにする成分が多いそうです。
他にもたくさん身体にいいことがあるので、毎日2.3粒食べると
いいそうですよ。


高槻市 小さな雑貨店「coten」
ずっと気になっていたお店「coten」(こてん)にやっと行くことができました。 
水・木・金のみオープンしています。

前を通るたびに、チラリと見えるかごやおしゃれな貨。
入りたいけど、なかなか入れない・・・と思っていました。

coten入り口1


思い切って入ってみると、やっぱりステキなものがたくさんあって
少し興奮状態です。

岩手県杓子野田琺瑯のホーロー製品、ラトビアリネン・・・


coten木の小物


欲しかった蜜蝋キャンドルを購入。
これもラトビア製です。

coten蜜蝋


ラトビアのものがたくさんあるので、お店の方に聞いてみると
ロシアの下らへんにある、“バルト三国”のひとつ だそうです。

そこに買い付けにいっているというから、驚きです

ちなみにバルト三国とは、ラトビア・エストニア・リトアニア
勉強になりました。

coten瓶小物


赤ちゃんこども用品もあります。
リネンよだれかけのおもちゃ、かわいいぬいぐるみ・・・。
プレゼントにしたいです。

coten服


小箱も惹かれます。

coten鉄箱



居心地のよさにこのお店がすっかり気に入ったので、
翌週にもでかけていきました。

そこでラトビア製をハルに買いました。
自然そのままの枝の笛です。

帰り道、をくわえているハルを通りすがりの人たちは
不思議そ~うに凝視していました。

きっと、あかちゃん枝食べてる・・・と思ったのでしょうね。


ラトビアふえ


中庭のようにドアが開けてあって、とても気持ちいい空間です。

お店の方もとても感じのいい方で、ハルを抱っこしてくれました。
うれしいなあ

cotenリーフ coten中庭
coten入り口2 蜜蝋キャンドル



お店の方は、先週の金曜日からそのバルト三国に買い付けに行かれたので、
しばらくお店はお休みです。

たくさ~ん買って帰ってきてからオープン初日に、お店に行こうと思っています。
どんなものを買ってきたのかな~と今から楽しみです。


「coten」
高槻市宮田町2-5-36
072-668-3138

(HPは今のところないそうです 09.6/12現在)




畑から 新たまねぎとにんにく
父の畑で今年初の新たまねぎの収穫です。

赤は生食用。とっても甘いです。

たまねぎとにんにく


そして、にんにくも。

にんにくって普通にで採れるんですね~。
なんとなく栽培が難しそうなイメージがあったのですが。

にんにく


料理番組で見た「まるごと新たまねぎスープ」を作りたいな~と
思っていましたが、お店ではなかなか小ぶりの玉ねぎは手に入りません。

どうしようかと思っていたら、今回ちょうど小さなものが入っていたので
とてもうれしくなりました!

とにかく煮込むだけ。ぐつぐつぐつぐつ。
やわらか~い、玉ねぎのうまみ凝縮されたたのしいスープが
出来上がりました。

たまねぎまるごとスープ

まるごとってたのしくなりますね!
至福の60分 経絡マッサージ

日頃の身体の疲れをとるため、経絡マッサージをうけに
「PURE-BODY」へいきました。

毎日知らない間に肩にが入っているようで、
コリッコリッですよ!」と言われてしまいました。

さて、足の裏から始まり、腰、首、頭・・・60分至福のときです。


施術中


経絡(けいらく)とは東洋医学で“”の流れる道だそうです。

その“”を滞りなく流してあげるということなのでしょう。


図
↑多分「経絡図」だと思います


日頃からなるべく身体にやさしいものをとって、血液リンパ
サラサラにしたいなあと思いました。

今回一度では、コリを完全にはほぐせなかったようなので
またコリが固まらないうちに行きたいものです。

は~本当にしあわせな時間を過ごせました。
ハルを見ていてくれた旦那様にも感謝感謝です。

お茶でリラックス


京都市上京区 「はちはち Infinity cafe」

京都の天然酵母パンの店「はちはち Infinity cafe」

ちょっと奥まったところにあり、たどり着くまでが
どきどきわくわくのお店です。

ここでいいのかな?
思いながらのある道を歩きます。

はちはちへ1


雑木林のようなものが・・・。
ここでいいのかな?と更に不安に。

はちはちへ2


ありました!お店の看板。

はちはち看板


しかし民家のような玄関しか見当たりません・・・。

はちはち入り口



そろそろと入ってみると「営業中」の看板がありホッ。

そこへちょうど中から、パンを買った大学生らしき男の子が。
「ここで靴を脱ぐんですか?」と確認し、どきどきしながら中へ・・・。

はちはち玄関


入ったら、パンが並んでレジがあって・・・と思っていたらそうではなく、
物置のようにいろんなものがおいてあり、「な、なに・・・」と
ここでもドキドキ

もう少し進めば大きなテーブルのある和室があり、
その一角にパンが並んでいました。

しかし、お店の人もいないし、パンをとるトングトレイもない。
そこにいたおじさまに「どういうシステムですか?」と聞くと
奥の部屋に向かって「おーい ○○さーん お客さーん」と
店主を呼んでくれました。

無事、ライ麦パン購入。


はちはちパン


バターオイルを一切使っていないので、ずっっしり重いです。
スライスの仕方も教わり、お店を後にしました。

こんなにどきどききょろきょろしながらパンを買ったのは
初めてです・・・。
車に戻ったときは「ふ~買えた~」と力が抜けました。



さて、教わったとおり6~7mmにスライスして、焼くというより温めます
アスパラガスのソテーとソーセージ、ベーコンをのせました。

はちはちライ麦ランチ

パンを噛みしめるとライ麦の風味がとても濃いです。
天然酵母独特の酸味のようなものも強く、
自然の力を感じました。

天然酵母パンなので、熟成したチーズハムソーセ-ジが合うとの
ことでしたがそれがとてもわかりました。

木々に囲まれたお店のとても濃いパンでした。

プロフィール

りこ* [

Author:りこ* [
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。